最近の日本人は、魚を食べる頻度が減っています。そこで、DHAやEPAを摂る機会がなくなり、足りない分を補給するためサプリなどを飲むケースも多いです。
DHAやEPAは、両方とも同じようにサプリに含まれていることも多いですが、この2つの成分には違いはあるのでしょうか?もしあるとしたら、どのような違いがあるのかを知っておくとサプリ選びの参考にもなって、役立ちます。
そこで今回は、DHAとEPAの違いや相乗効果について、解説します。

DHAとEPAは何が違う?

DHAとEPAとは?

そもそも、DHAとEPAとはどのようなもので、どのような点が違うのでしょうか?
DHAは、「ドコサヘキサエン酸」という成分で、EPAは「エイコサペンタエン酸」とう成分です。どちらも、青魚などに多く含まれている、脂肪酸の1種です。
これらは人間が自分の体内で作り出すことができないので、他から摂取する必要があります。
また、どちらにも中性脂肪を減らす効果や悪玉コレステロールを減らす効果、抗アレルギー効果や、血流を良くして動脈硬化を防ぐ効果などがあります。
ただ、この2つには、大きな違いがあります。
それは、これらの成分が働く場所と、血小板凝縮を抑制する効果の強さです。

働く場所が違う

まず、DHAは脳や神経系で働くことができます。EPAは、脳の入り口である「血液脳関門」を通り抜けることができないので、脳に到達することはできません。そこで、脳で働くことはできないのです。これに対して、DHAは血液脳関門を通り抜けることができる数少ない成分の1つです。そこで、小腸に吸収された後、血液内を通って脳に到達することができます。そして、脳や神経系の栄養となり、ダイレクトに脳に働きかけることができるのです。DHAは、脳の働きに欠かせない成分です。
また、DHAは目の網膜にも働きかける効果があります。このように、DHAが働く場所は、血中だけではなく脳と網膜も含みます。
これに対し、EPAが働く場所は、主に全身の細胞内です。

血小板凝縮抑制効果の違い

DHAとEPAは、血小板凝縮の抑制効果の強さが異なります。
血小板が凝縮すると動脈硬化などにもつながりますので、血小板凝縮を抑制することは、血液をさらさらにすることにつながります。
そして、この作用はEPAの方がDHAよりも強いです。

そこで、血液さらさらを目指したい場合には、DHAよりもEPAをたくさん摂った方が効果的だということになります。

DHAとEPAの効果には違いがあるの?

次に、DHAとEPAの効果に違いがあるのかについて、見てみましょう。
このことは、DHAとEPAの働く場所の違いや血小板凝縮作用の強さの違いから考えてみると、わかりやすいです。

DHAの効果

まず、脳に働きかけるのはDHAだけです。ということは、脳が活性化する効果は、DHAにしかないことになります。
DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸をとると、記憶力が高まったり集中力が高まったりする効果があると言われており、それを目的に摂取する人も多いです。
こういった目的を達成するには、EPAよりもDHAの方が向いていることになります。
EPAをとっても、脳に到達しないので、うっかり防止や認知症予防などの効果は期待できません。
また、網膜で主に働くのもDHAです。そこで、視力改善効果があるのはDHAだということになります。

DHAやEPAなどのサプリを飲むとき、視力の改善を目的にすることがありますが、こういった目的でサプリを飲むなら、なるべくDHAがたくさん入っているものを選ぶと良いです。
DHAの効果としては、痴呆症予防やガンの抑制、抗炎症効果、脳細胞を活性化させて記憶力や集中力をアップさせること、視力改善などが主となります。

参考:DHA・EPAサプリは記憶力アップや集中力アップに効果があるの?

EPAの効果

次に、EPAの特徴的な効果を見てみましょう。
DHAもEPAも血中の中性脂肪や悪玉コレステロールの数値を減らすはたらきをしますが、その働きはEPAの方が強いです。
それは、DHAとEPAの働き方の違いによります。
DHAが血管や血液に働きかける方法は、血管や赤血球に働きかけて、その細胞膜を柔らかくすることにより、血液の流れをスムーズにさせるものです。

これに対し、EPAは、DHAよりも高い血小板凝集抑制効果をもっています。そこで、血小板の凝縮を防いで、血栓を発生させないようにすることができるので、より効果的に血液の流れを良くすることができるのです。血栓とは血液の「詰まり」のことなので、これを発生させないことは、直接的に血流をよくすることにつながります。
つまり、DHAの場合には、血液や赤血球を柔らかくすることしかできませんが、EPAの場合には、ダイレクトに血栓を予防することができるので、EPAの方が血液の流れを良くする効果が高いということです。しかも、EPAは、脳に到達できない代わりに、全身の血液を巡って細胞膜に働きかけることができます。そこで、EPAを摂ると、効果的に動脈硬化などを予防出来ます。
EPAの主な効果は、血圧降下や動脈硬化の予防、高脂血症の改善や中性脂肪の低下などです。これらの効果を重視する場合、DHAよりもEPAをたくさん含んでいるサプリを飲むことをおすすめします。
なお、人間の体内に入ると、EPAはDHAを生み出すはたらきをします。そこで、実際にはEPAを摂れば、体内でDHAが生産されるので、DHAも摂取しているのと同じことにはなります。ただし、量の問題もあるので、やはり目的によってDHAとEPAを使い分ける方が良いでしょう。

参考:DHA・EPAにはドロドロの血液をサラサラにする効果がある?

一緒に摂ると相乗効果がある?

以上のように、DHAとEPAは似た性質を持つので区別されないことも多いですが、詳しく見てみると意外と大きな違いがあります。
ただ、サプリなどにはたいていDHAとEPAの両方が入っています。これらを両方一緒に摂ると、相乗効果によって効果が高まるなどのことが期待できるのでしょうか?
DHAとEPAは、効果も似ていますし、構造もとても似ています。
DHAの分子構造は、炭素22個で、二重結合が6個となっています。EPAの分子構造は、炭素が20個と、二重結合が5個であって似ていますし、これらの成分は同じオメガ3脂肪酸です。
また、自然界に存在するときも、DHAとEPAは一緒に存在して同時に働いていることが多いです。たとえば、DHAやEPAは青魚にたくさん含まれていることが知られていますが、青魚の体内では、DHAとEPAが両方大量に存在していて、同時に働いています。
このように、普段から一緒に働くことが予定されているDHAとEPAですから、両方が一緒にあると、より自然に近い状態になって、効果的に働くことができます。
さらに、先にも説明した通り、DHAとEPAには効果に違いもあります。DHAにはEPAにない脳の活性化や網膜への働きかけの効果がありますし、EPAはDHAより効果的に血栓予防をしてくれます。
そこで、これらを両方摂ることによって、お互いの弱点を補足し合うことができます。
どちらかだとどちらかの効果しか得られませんが、両方摂ると脳の働きも良くなり、視力も良くなって血栓も予防出来るというたくさんの効果が期待できるのです。


以上のように、DHAとEPAには相乗効果があります。そこで、サプリを選ぶときには、DHAやEPAの片方だけしか含まれていないものより、両方が含まれているものを選ぶ方が良いです。そのとき、目的に応じてDHAとEPAのそれぞれの含有量、バランスをチェックすると良いでしょう。たいていの商品には、DHAとEPAそれぞれの含有量が記載されているので、サプリを申し込む前には必ず成分と分量を確認しましょう。

まとめ

以上のように、DHAとEPAは非常によく似ています。しかし、DHAは脳に働きかける効果があるのに対し、EPAにはそのような効果はありません。反対に、EPAはDHAよりも強力に血栓を取り除いて、効果的に動脈硬化などを予防することができます。
このような違いを知ると、目的に応じてサプリを選ぶことができます。
ただ、DHAやEPAは、両方一緒に摂ることによって相乗効果が発揮されます。
今回の記事を参考にして、DHAやEPAの含有量をチェックしながら、自分にとって最も適したサプリを選ぶと、効果的に健康を維持することができておすすめです。