血液がドロドロになっていると、血栓などもできやすくなり、動脈硬化になりやすいので注意が必要です。血液をサラサラにするには食生活を改善することが効果的ですが、どのような食べ物を摂ると、血液を流れやすくすることができるのでしょうか?
今回は、血液をサラサラにしてくれる食べ物や食材の成分と、血液サラサラにしてくれる仕組みについて、調べてみました。

青魚

血液をサラサラにしてくれる食べ物としては、青魚が代表的です。
青魚には、魚の脂肪酸であるDHAやEPAがたくさん含まれています。
DHAとはドコサヘキサエン酸、EPAとはエイコサペンタエン酸という成分です。
脂肪酸と聞くと、脂肪が増えるのではないかと思われるかもしれませんが、青魚の脂肪酸は肉類の脂肪酸とは異なり、脂肪を増やすことはありません。むしろ、中性脂肪を減らす効果を持っています。DHAやEPAが血中にあると、中性脂肪が燃焼しやすくなるので、同じ運動をしても中性脂肪減少の効果が上がりやすいです。

参考:DHA・EPAサプリには中性脂肪を下げる効果があるの?

さらに、DHAやEPAは、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果も持っています。青魚は血液をサラサラにする成分(DHA・EPA)が豊富に含まれていますので中性脂肪を下げる効果があります。
DHAやEPAは、青魚の中でも、特にマグロやカツオ、アジやサバ、サンマなど、日本人が普段からよく食べている魚にたくさん含まれています。
DHAやEPAは熱に弱い性質を持っているので、なるべく加熱しないで食べる方が効果的です。刺身や寿司の形で食べると良いですが、毎日刺身を食べるわけにもいかないので、煮魚や焼き魚など、バラエティー豊かに料理して、少しずつでも摂るようにすると良いです。煮魚や焼き魚にしても、DHAやEPAは20%くらいしか減少しないからです。
また、魚を食べるのは難しいという場合には、DHAやEPAのサプリを飲むと、必要量を摂取しやすいです。

納豆・大豆製品

  • 豆腐・豆乳

血液サラサラ効果のある食品として次に照会したいのが、納豆と大豆製品です。たとえば豆腐や豆乳などがあります。
大豆には、大豆サポニンという成分が含まれていますが、この大豆サポニンは、血中の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを下げる効果を持っていますし、中性脂肪も減らしてくれます。また、大豆イソフラボンも、動脈硬化を防ぐ作用を持っています。
また、大豆は「畑の肉」と言われるほど栄養価が高いですが、カロリーは低いですし、食物繊維もたくさん含まれています。
肉の代わりにハンバーグなどに用いられて、豆腐ハンバーグなどになっていることもあるので、今まで肉のハンバーグや肉のステーキを食べていた人は、豆腐ハンバーグにしたり豆腐ステーキを食べたりすると良いです。
そこで、毎日の食事に大豆製品を取り入れると、効果的に血液をサラサラにすることができます。豆腐を食べるなら、夏なら冷や奴、冬なら湯豆腐にすると良いですし、毎日豆乳を飲むようにするのもおすすめです。最近は、飲みやすく調整している豆乳も多いので、試してみると良いでしょう。

  • 味噌汁

また、味噌汁もおすすめです。味噌は大豆を原料とする調味料なので、大豆サポニンも多く含まれています。また、味噌汁には、いろいろな具を入れることができます。同じ大豆製品である豆腐や厚揚げなどを入れても良いですし、青魚を入れてもおいしいです。
味噌汁というと、塩分が気になるかもしれませんが、最近では減塩の味噌も多く販売されていますし、1日に味噌汁を2杯飲む人でも3杯飲む人でも、血圧の数値は変わらないという実験結果もあります。
しかも、味噌汁には中性脂肪を下げるだけではなく糖尿病を予防する効果などもあるので、おすすめです。

  • 納豆

大豆製品の中でも特におすすめなのが、納豆です。納豆にはナットウキナーゼという成分が含まれていますが、これは直接的に血栓そのものを溶かしてくれるので、非常に効果的に血液をサラサラにしてくれます。
納豆は低カロリーなのに総合的な栄養価が高いので、毎日でも食べたい食材です。臭いが気になる人もいますが、最近では臭いの少ない納豆も販売されていますし、卵と混ぜると臭いも薄まるので食べやすいです。
ただし、血栓を防ぐための薬である「ワーファリン」を飲んでいる人は、納豆と一緒にすると効果が薄まってしまうので、注意しましょう。かかりつけ医に相談してから食べる方が安心です。

玉ねぎ・にんにく

玉ねぎギやニンニクは、血液サラサラ効果を持っていることが知られています。

アリシンによる効果

玉ねぎには、アリシンという物質が含まれています。これは、玉ねぎを切るときに涙が出る原因になる物質です。アリシンは揮発性と催涙性を持っているから、玉ねぎを切るとこの成分が外に出て目に届き、涙が出てしまうのです。
そして、アリシンは、血液の凝固を抑える効果を持っているので、アリシンを摂ると、血栓ができにくくなりますし、脳梗塞や動脈硬化の予防につながります。
玉ねぎのサラサラパワーを活かすためには、調理法にも工夫すべきです。アリシンは、水溶性の成分なので、水に溶けやすいです。
そこで、玉ねぎを水にさらすと、せっかくのアリシンが逃げてしまいます。たとえば、オニオンスライスなどをして水にさらすと、血液サラサラ効果が減ってしまいます。
玉ねぎを食べるときには、水にさらさないで生で食べる方法がおすすめですが、加熱するときにはなるべく空気にさらしてからにすると、血液サラサラ効果が失われにくいです。

ケラチンによる効果

また、玉ねぎにはポリフェノールの1種であるケラチンという物質がたくさん含まれていますが、このケラチンには中性脂肪を下げる働きもあるので、中性脂肪が気になっている人にも玉ねぎはおすすめの食材です。

ニンニクについて


ニンニクもアリシンが含まれています。ニンニクには、もともとアリインという成分が含まれていますが、すり下ろすことでアリシンに変化するからです。
アリシンに熱を加えると、スコルジニンという成分に変わりますが、このスコルジニンには毛細血管を広げる効果があるため、血液の流れを良くすることができます。
このように、ニンニクを摂ることによっても、玉ねぎと同じように血液サラサラ(流れを良くする)効果が期待できます。

野菜・海藻・その他

野菜にも、血液サラサラ成分が含まれているものが多いです。特におすすめなのは、緑黄色野菜です。緑黄色野菜には、抗血栓成分や抗酸化成分がたくさん含まれているので、血栓を防いで血液を流れやすくしてくれるからです。
これらの有効成分は、野菜の皮や皮に近い部分に比較的たくさん含まれています。
毎日の野菜の摂取目標量は、350グラムです。
次に、海藻もおすすめです。たとえばわかめやひじき、昆布などはミネラルや水溶性食物繊維をたくさん含んでいて、腸内で糖質の吸収を抑制してくれますし、脂肪を分解する効果も持っています。
また、海藻類にはアルギン酸という物質が含まれています。これは、海藻のぬめりの成分のことですが、アルギン酸には体内の余分なコレステロールを排出させる効果があります。アルギン酸のコレステロール予防効果を活かしたトクホ食品もあるくらいです。
また、アルギン酸には高血圧の予防効果もあります。
その他、果物キノコ類玄米などにも血液サラサラ効果があります。

血液をサラサラにしてくれる飲み物は?その仕組みとは?も参考にどうぞ。

まとめ

以上のように、血液サラサラ効果のある食品は、身の回りにたくさんあります。特に青魚に含まれるDHAやEPAは、血液サラサラだけではなく、中性脂肪や血中の悪玉コレステロール低下作用も持っていますし、視力や集中力アップの効果などもあるので、大変におすすめです。DHAやEPAを上手に摂るためには、サプリを利用することが役立ちます。
今回の記事を参考にして、毎日の食生活を改善してサラサラの血液を目指しましょう。