健康を気にしている人は、血液ドロドロにならないように注意していることが多いでしょう。
血液がドロドロになるということは、血液が流れにくくなるということです。そうなると、身体中に血液が行き渡りにくくなりますし、血管が詰まって動脈硬化なども起こりやすくなります。そこで、血液ドロドロを解消するためには、どのような対処をすれば良いのかが問題です。今回は、DHAやEPAにはドロドロの血液をサラサラにする効果があるのか、調べてみました。

DHAの血液サラサラ効果とは?

DHAには、血液をサラサラにする効果があるのでしょうか?そもそもDHAやEPAとはどのような成分なのか、簡単にご説明します。
DHAもEPAも、ともにオメガ3脂肪酸という脂肪酸の1種です。脂肪酸ではありますが、肉に多く含まれる飽和脂肪酸とは異なり、不飽和脂肪酸と呼ばれる成分で、人間の体内に脂肪として蓄積されにくいです。
逆に、血中の中性脂肪やコレステロール値を減らしたり、血糖値を低下させたりする働きがあります。
そして、DHAもEPAも、ともに青魚に多く含まれています。DHAとEPAは、セットでとらえられることも多く、サプリなどでもDHAとEPAが両方含まれているものが非常に多いです。
ただ、血液サラサラ効果に関しては、DHAとEPAの働きが少し異なります。

血液サラサラな状態とは、血液の粘性が低く、流れやすくなっている状態のことです。
そして、DHAは、血中の血管や赤血球に積極的に働きかけます。赤血球とは、血中にあって、血液に乗って全身に酸素を送り届ける役割をしています。
そして、赤血球は、血中の他の組織と比較して、大きめの組織です。
そこで、赤血球が固くなると、血液が詰まりやすくなり、ドロドロの状態につながりやすいです。
DHAは、この赤血球を柔らかくする働きを持ちます。DHAは、細胞膜を柔らかくする作用を持っているので、血管中にあると、血管や赤血球の細胞膜が柔らかくなって、血液が流れやすくなります。

血管や赤血球が柔らかいと、毛細血管でもスムーズに赤血球が流れることができるので、血液サラサラの状態になります。たとえて言うと、赤血球が弾力性のあるゴムボールのようになった状態だと考えるとわかりやすいです。
このように、DHAは、血管や赤血球の細胞膜を柔らかくすることにより、血液サラサラを実現します。

EPAの血液サラサラ効果とは?

次に、EPAの血液サラサラ効果がどのようなものなのか、見てみましょう。
DHAとEPAは似たものだととらえられがちですが、血液サラサラ効果としては、DHAよりEPAの方が効果が高いです。
DHAは赤血球や血管の壁に対して働くものですが、EPAは血中の血小板という組織に対して働きかけます。
血小板は、血中にあって、血液を凝固させる働きをします。血液が体内にあって流れているときには、血液を凝固させる必要はありませんが、怪我をしたりして血液が外に流れ出したときには、早急に血液の流れを止める必要があります。このときにはたらくのが血小板です。血小板は、怪我をしたときなどに傷口に集中的に集まって、固まって出血を止めます。このとき血小板が固まったものが、いわゆる「かさぶた」です。

ただ、血小板の凝固力が強くなりすぎると、体内でも血液が固まってドロドロになりやすいですし、血栓などもできやすくなって、いずれ動脈硬化などにつながっていきます。

ここで役に立つのがEPAです。EPAには血小板の凝固効果を抑える効果があるからです。
EPAは、体内で「トロンボキサン」と「プロスタグランジン」という成分を生成するはたらきをします。
トロンボキサンは、血小板を凝集して血液を固める作用をする成分です。これに対し、プロスタグランジンは、血小板の凝集を抑えるはたらきをします。人間が怪我をしたときには、傷口に血小板が集まりますが、このときには、トロンボキサンが血小板を固めています。ただ、あまり固まりすぎると血液が流れなくなってしまうので、プロスタグランジンも集まってきて、血小板の凝固を抑える作用をしています。

EPAがトロンボキサンとプロスタグランジンの両方を生成するなら、どうして血液サラサラ効果があるのかと疑問を持つかもしれませんが、EPAが生成するトロンボキサンは、トロンボキサンA3という種類のものです。これは、トロンボキサンの中でも血液の凝集効果が緩やかになっています。対して、EPAの生成するプロスタグランジンは、プロスタグランジンI3 というものです。これは、プロスタグランジンの中でも血小板の凝集効果を抑える力が非常に強いのです。

このように、EPAは、血液の凝集を促進する成分の力が弱く、血液の凝集を抑える成分の力が非常に強いので、結果として、血液を効果的に流れやすくすることができます。
EPAは血液サラサラ効果が高いので、「エパデール」などの医薬品としても利用されています。

アラキドン酸と血液サラサラの関係とは?

次に、アラキドン酸という成分について、説明しておきます。
アラキドン酸は、DHAやEPAと同じ「不飽和脂肪酸」の1種です。ただ、DHAやEPAはオメガ3脂肪酸ですが、アラキドン酸はオメガ6脂肪酸であるリノール酸に由来します。
これは、ベニバナ油やコーン油、肉類や卵などに多く含まれています。
アラキドン酸は、EPAと同様、血液を凝固させる作用があるトロンボキサンや、血液の凝固を抑える効果を持つプロスタグランジンを生成します。しかし、アラキドン酸が生成するトロンボキサンやプロスタグランジンは、EPAの生成するものとはまったく性質が反対です。


アラキドン酸が生成するトロンボキサンはトロンボキサンA2というもので、これは非常に血液の凝固作用が強いです。これに対し、アラキドン酸が生成するプロスタグランジンはプロスタグランジンI2というもので、あまり血液凝固を抑える作用が強くありません。
そこで、アラキドン酸が多くなると、血液の凝固作用が強くなりすぎてしまい、血液がドロドロになって血栓の原因になってしまうのです。
肉類や脂分を多く摂ると、血液ドロドロになる、と言われるのは、このアラキドン酸の働きも1つの要因となっています。
さらに、アラキドン酸は、気管支喘息の原因になったり、がん細胞を増進させる可能性もあったりすると言われています。
アラキドン酸を多く摂りすぎると、血液がドロドロになる上、他の恐ろしい病気にもつながりやすいので、摂りすぎには注意する必要があります。

DHA・EPAを上手く摂取するために

DHAやEPAを摂取すると、効果的に血液をサラサラにして、血栓や動脈硬化などの恐ろしい症状を予防することができます。それでは、DHAやEPAを効果的に摂るには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか?
まずは、青魚を積極的に摂ることです。マグロやカツオ、サンマやサバなどの青魚には、非常にたくさんのDHAやEPAが含まれています。また、特に生魚には多くのDHAやEPAが残存するので、お刺身や寿司などを食べると効果的にDHAやEPAを摂取できます。

ただ、毎日青魚を食べるのは大変です。特に現代型の食生活では、青魚を食べる機会が少ないです。
そこで、このようなケースでは、DHAやEPAのサプリを利用することをお勧めします。今は、多くのDHAやEPAのサプリが発売されていて、それらには、一日に必要な量の3分の1~4分の3程度が含まれています。DHAやEPAは、少々多く摂っても急激に体調が悪くなるような副作用は通常ありませんし、青魚を食べる日はサプリを飲まないようにすれば、過剰摂取は控えられます。

参考:DHA・EPAの1日の摂取量の目安は?過剰摂取による副作用は?

まとめ

このように、DHAやEPAのサプリを毎日の食生活に取り入れれば、効果的にDHAやEPAを摂取出来て血液ドロドロを解消できます。
血液サラサラにしたい人は、まずはDHAやEPAのサプリを始めてみることをおすすめします。