健康診断の結果、悪玉コレステロールの数値が高いので気になっている方は、たくさんいると思います。コレステロール値が高いと、いろいろな成人病にかかるリスクが高くなってしまうので、下げなければならないと思っていることも多いでしょう。
悪玉コレステロールを下げるためには、どのようなことをするのが有効なのでしょうか?
今回は、DHAやEPAにコレステロール値を下げる効果があるのかどうか、またそのメカニズムについて解説します。

DHA・EPAはコレステロールを下げてくれる?

DHAやEPAは、コレステロールを下げる効果があるのでしょうか?
ここで、そもそもコレステロールとはどのようなもので、これが高いと人間の身体にどういう問題があるのかを見てみましょう。

コレステロールとは

コレステロールは、人間のあらゆる組織の細胞膜を構成している物質です。血管を通って、身体の隅々にまで送られて、身体の組織作りをしています。コレステロールは、細胞膜やホルモンの原材料となるものなので、人間の身体にとって必要な成分です。コレステロール値があまりに低下している場合には、生命力が下がっていることを意味します。
一般にコレステロールというと、体にとって悪いイメージもありますが、実際には生物にとっては不可欠な成分でもあります。ただ、これが増えすぎると問題が起こるということです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

そして、コレステロールには、HDLコレステロールとLDLコレステロールがあります。


HDLコレステロールは、体内で要らなくなったコレステロールを取り込んで、肝臓に運び、不要なコレステロールが処分されるようにする働きをします。
このコレステロールは、たくさんあっても人体に悪影響は少なく、「善玉コレステロール」と呼ばれます。

これに対し、LDLコレステロールは、肝臓で生成されたコレステロールを体内のさまざまなところへ運び届ける働きをします。このコレステロールが増加すると、血液がどろどろになってしまい、成人病の原因になります。そこで、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれます。
LDLコレステロールは体中にコレステロールを運びますが、そのようにして細胞内に取り込まれないで余ってしまったコレステロールは、血管の中に溜まると動脈硬化の原因になってしまいますし、悪玉コレステロールが増えると、心筋梗塞や脳梗塞などのおそれも高くなります。

そこで、健康診断などで血液検査をしたとき、数値が高くて問題になるのは、コレステロールの中でも悪玉コレステロールの方です。現代人は、肉食が増えており、脂肪分の高い食べ物を食べる機会が増えている上、運動も不足しがちなので、悪玉コレステロールが増加しやすいのです。
血液検査では、悪玉コレステロールの数値が140ml/dlを超えてくると、基準値超えということになってしまいます。
また、食生活や生活習慣の乱れがなくても、閉経後の女性の場合にはLDLコレステロール値が高くなることが多いので、注意が必要です。

DHAやEPAは、コレステロール値を下げてくれる?

それでは、DHAやEPAをとると、コレステロール値を下げてくれるのでしょうか?
DHAとは、ドコサヘキサエン酸と言う物質で、EPAとはエイコサペンタエン酸と言う物質です。どちらも、オメガ3脂肪酸という脂肪酸の1種で、青魚などに多く含まれています。

これらは、どちらも血管の詰まりや身体の酸化を防止する作用があります。
特に、EPAは血栓を溶かして直接血液をさらさらにする作用があるので、効果が高いです。
悪玉コレステロールが高くなると血液に詰まりが生じたりすることが問題ですが、DHAやEPAによって血液がさらさらになったら、詰まりが起こりにくくなります。

実験でも、DHAやEPAがコレステロール値を下げる効果が確認されています。
この実験は、マウスを使ったものですが、マウスを4つの集団に分けて、それぞれに集団に異なる種類の油を混ぜた餌を与えて、血中のコレステロールの数値を比較しました。
マウスの餌には、パーム油、αリノレン酸、EPA、DHAをそれぞれ混ぜました。
その結果、6日後にコレステロール値を測定してみると、パーム油が配合された餌を食べたマウスは、他の3つのグループのマウスよりも、明らかにコレステロール値が高いという結果が出ました。もっともコレステロール値が下がったのは、DHAを与えたマウスで、パーム油を与えたグループの3分の1程度になりました。
αリノレン酸は、DHAやEPAと同じオメガ3脂肪酸なので、DHAやEPAと同様の働きをします。このようなことからも、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸は、効果的にコレステロール値を下げる効果があることがわかります。

コレステロールを下げてくれるメカニズムは?

DHAやEPAは、どのような仕組みによってコレステロールの数値を下げるのでしょうか?
このことは、LDLコレステロールがどのように身体に悪い働きをするのかと関係します。LDLコレステロールは、血管内に溜まり、血管の壁に張り付いて血管を硬くしてしまいます。すると、動脈硬化や脳梗塞などにつながっていくのです。ここで、DHAやEPAを摂ると、血管の詰まりを取り除いて血液の流れが良くなるので、血液が皮膚の表面や手足などの末端にまで行き届きやすくなります。このようにして血液が体中に行き渡ると、体内のコレステロールが身体の隅々にまで運ばれて、毛細血管などで働き消費されます。その結果、血液中に溜まることがなくなって、コレステロール値が下がります。つまり、DHAやEPAは、血液をさらさらにすることによって、LDLコレステロールによる血液の詰まりを防止出来るのです。
また、DHAやEPAは、血管内に溜まった余分なコレステロールも取り込んで肝臓に戻しくれるはたらきをしますので、このことによっても、悪玉LDLコレステロール値が下がります。

DHAやEPAは、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やす

コレステロールについては、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスも大切です。一般に、悪玉コレステロールの数値を下げる一方で善玉コレステロールの数値を上げたら、血液が健康な状態に保たれます。善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを回収して肝臓に持っていく働きをするので、善玉コレステロールが増えたら、自然に悪玉コレステロールが減るからです。実際、善玉コレステロール値が高い場合、動脈硬化にもなりにくいです。
そして、中性脂肪の数値が高い場合には、善玉コレステロールの数値が低くなってしまう傾向があります。そこで、コレステロール値のバランスを整えるには、中性脂肪を下げることが効果的です。
DHAやEPAには、中性脂肪の数値を低下させる作用があるので、善玉コレステロール値を上げる効果が期待できます。

参考:DHA・EPAサプリには中性脂肪を下げる効果があるの?

人間が体内の中性脂肪を減らすためには、運動によって中性脂肪を燃焼させなければなりませんが、DHAやEPAは、リパーゼという物質を活性化させて、中性脂肪が効果的に燃焼することを助ける働きをします。

そこで、DHAやEPAをとると、同じ運動をしても効果的に中性脂肪が燃焼されるので、中性脂肪値が減りやすいのです。このことで、善玉コレステロール値が高くなり、反対に悪玉コレステロール値が低くなって、コレステロール値のバランスが良くなります。

まとめ

以上のように、DHAやEPAは、動脈硬化などの原因になる悪玉コレステロール値を下げるとともに、悪玉コレステロール値を下げる効果を持つ善玉コレステロール値を上げる効果を持ちます。これらを摂ると、効果的にコレステロール値をコントロールできるので、生活習慣病を予防することにつながります。
DHAやEPAを摂るためには、毎日青魚を食べるのも大変なので、サプリを摂ると続けやすいです。健康診断の結果などが気になっている人は、一度DHAやEPAのサプリを始めてみることをおすすめします。