物忘れが気になる、というと、通常は中高年以上やシニア世代を思い浮かべますが、最近では、加齢による物忘れ以外にも、健忘症が起こるケースが増えていると言われています。
若くても物忘れがする症状のことを「若年性健忘症」と言いますが、若年性健忘症には、20代や30代でもかかってしまうおそれがあります。若年性健忘症は、どのようにすると予防改善することが出来るのでしょうか?
今回は、若年性健忘症の症状や原因、改善方法について解説します。

若年性健忘症の症状とは?

若者でも物忘れが酷くなるという若年性健忘症ですが、そもそも、若年性健忘症になるとどのような症状が出るのでしょうか?
具体的な症状は、以下のようなものとなります。

  • ものを新しく憶えられない
  • 過去の物事を忘れてしまう
  • 今日の日付や曜日がわからない
  • 人が話していることを理解できない

このように、よくある老人性痴呆症などと同じような症状です。これが、20代や30代の若者でも起こります。

健忘とは?

若年性健忘症は健忘の1種ですが、健忘とはどのようなものなのか、もう少し詳しく見てみましょう。
健忘は、記憶に障害が起こる記憶障害です。簡単に言うと「物忘れ」ですが、健忘症という場合には、その程度が酷く、病的なレベルになっています。
そして、健忘症は、以下のように分類されます。

前向性健忘と逆行性健忘

健忘には、前向性健忘と逆行性健忘があります。
前向性健忘とは、新しくものごとを覚えられなくなる健忘症です。発症以後の記憶のメカニズムに障害が起こることで起こります。
これに対し、逆行性健忘とは、過去のものごとを忘れてしまう健忘症です。記憶を呼び起こすことができなくなることによって、起こります。
若年性健忘症では、このどちらが起こることもありますし、両方が同時に起こることもあります。アルツハイマー病も同じです。

全健忘と部分健忘

健忘症には、全健忘と部分健忘という分類もあります。
全健忘とは健忘が起こっている期間内のすべての記憶を思い出せなくなった状態です。
これに対し、部分健忘とは、健忘が起こっている期間内の記憶の中で、思い出せることと思い出せないことがある状態です。若年性健忘症でもアルツハイマー病でも、この両方があります。

健忘症とアルツハイマー病の違い

このように、若年性健忘症の症状とアルツハイマー病は非常に似ています。そうなると、健忘症はアルツハイマー病と同じなのでしょうか?
実は、健忘症はアルツハイマー病とは明らかに異なるものです。アルツハイマー病と若年性健忘症との最も大きな違いは、アルツハイマー病は脳波の検査やCTやMRIなどの画像診断によって異常が明らかになりますが、若年性健忘症の場合にはこのような症状を確認できないことです。認知症の場合には、MRIを撮影すると脳が萎縮していることがわかりますし、SPECT検査という検査を行うと、脳の血流が悪くなっていることがわかります。しかし若年性健忘症の場合には、このような脳波やMRIなどの検査をしても異常がみられないのです。

このようなこともあるので、若年性健忘症ははっきり「病気」と診断するのが難しく、治療に対応できる医療機関は、さほど多くはありません。
診てくれるとすると脳神経科ですが、「物忘れ専門外来」がある病院もあるので、気になるときにはそれらの医院に行ってみると良いでしょう。

若年性健忘症の原因は?

それでは、若年性健忘症の原因はどのようなものなのでしょうか?
これについては、いろいろなことが言われています。

脳の障害が起こっている可能性がある

若年性健忘症が起こっている場合、脳の障害が発生している可能性があります。
1つは、脳の中の前頭前野という場所に障害が起こるケースです。
前頭前野は、人間の短期的な記憶に関わる部分で、進化がすすんだ動物になるほど大きくなっており、人間の場合にもとても大きいです。そして、この部分がうまく機能しなくなると、短期的な記憶がうまくできなくなって、今言われたばかりのことを忘れて「今なんて言った?」などと言ってしまう健忘が起こるのです。
次に、脳の中の海馬という部分に障害が起こった場合にも健忘症になると言われています。この場合には、短期的な記憶だけではなく、まとまった期間における記憶が全部なくなってしまうこともあります。

IT化やストレスにもとづく

若年性健忘症の原因には、IT化や生活環境によるストレスが関わっているとも言われています。
問題となる原因には、以下のようなものがあります。

  • ITに頼ってものを考えなくなっている
  • 大きな生活の変化があった
  • 睡眠不足になっている
  • 暴飲暴食をしている
  • 仕事が忙しすぎる

IT化は、若年性健忘症の大きな原因であると言われています。

インターネットなどを使うと簡単に何でも調べられてとても便利ですが、自分で考えたり創意工夫したりすることがなくなり、頭を使わなくなってしまいます。このことにより、脳の機能が低下して健忘症につながります。
また、環境の変化も影響します。たとえば、20代になって就職したり1人暮らしをしたりすると、それまでとは環境が大きく変わってストレスがかかり、一時的に健忘が発生することがあります。
睡眠不足や暴飲暴食によって身体に疲労が溜まると、やはり記憶機能に障害が出て、記憶力や集中力が低下してしまいます。
仕事が忙しくなると、ストレスが溜まるので、記憶力が低下して健忘症につながりやすいです。
このように、若年性健忘症は、脳の機能低下やIT化、生活環境の悪化、ストレスなど現代社会では避けられないいろいろな原因によって発生するので、注意しましょう。

若年性健忘症の改善方法とは?

それでは、若年性健忘症を改善するにはどのようにすれば良いのでしょうか?
以下で、改善方法をいくつか紹介します。

運動をする

運動は、若年性健忘症の改善に効果的です。脳の中でも記憶を司っているのは海馬ですが、海馬は有酸素運動によって鍛えることができます。有酸素運動とは、酸素を使って持続的に行う運動のことで、エアロビクスやウォーキングなどがあります。

できれば毎日30分くらい、毎日が難しくても週3~4回は行うようにしましょう。

ストレスをためない、発散する

ストレスが溜まると、脳が働かなくなって記憶力が低下します。そこで、なるべくストレスをためないことが重要です。

お風呂にゆっくり浸かったり、たまには休んでぼーっとしてみたり、休日は趣味に費やしたり、好きな場所に出かけたりしてストレスを発散しましょう。

睡眠時間を確保する

睡眠不足になると、記憶力は低下します。

人間は眠っている間に記憶を整理して疲れた脳細胞を修復しますが、睡眠不足になるとこのようなことができなくなるからです。
そこで、忙しくてもなるべく睡眠時間は十分にとりましょう。

食生活を改善する

若年性健忘症は、食生活を変えることで改善できることがあります。
食生活が乱れていると、脳に必要な栄養素が足りなくなって健忘症につながります。

そこで、抗酸化物質を含む野菜や、記憶力をアップさせる効果のあるDHAやEPAを多く含んだ青魚類、脳に良いとされているレシチンを多く含む大豆やなどを積極的に摂るようにしましょう。

頭を使う

IT化によって頭を使わなくなることは若年性健忘症の大きな原因と言われています。そこで、なるべく頭を使うようにしましょう。

新しいことに取り組むことは、脳への刺激になるので、習い事や資格の勉強を始めたりすると良いです。人と話をすることも頭の活性化につながります。

まとめ

今回は、20代や30代にも増えている若年性健忘症について解説しました。若年性健忘症になると、老人性痴呆症と同じような症状が現れますが、脳のCTなどの診断には異常が見られません。若年性健忘症の原因は、IT化やストレス、脳の障害などが有力な説となっています。
若年性健忘症を改善するには、食生活などの生活習慣の改善が役立ちます。
毎日DHAやEPAを摂ることが出来ないなら、サプリで摂取する方法がおすすめです。
今回の記事を参考にして、効果的に若年性健忘症を予防改善しましょう。