ダイエットをするときには、運動や食事制限が基本ですが、自分の意思だけでそれらを持続するのはなかなか大変です。効果的にダイエットをするためには、サプリメントが役立ちます。
ダイエット効果のあるサプリには、DHAやEPAなどのサプリがあります・

参考:DHA・EPAサプリにはダイエット効果あり?なぜ痩せられる?

では、DHA・EPA以外にはどのようなものがダイエットに役立つのでしょうか?今回は、DHA・EPA以外でダイエット効果が期待出来るサプリとその成分をご紹介します。

食欲を抑えてくれるサプリとは?

ダイエットサプリとは、広くダイエットの手助けをしてくれるサプリメントのことです。
ダイエットサプリには、いくつかの種類があります。
1つ目は食欲を抑えてくれるサプリ、2つ目に脂肪を燃焼しやすくしてダイエット効果を高めてくれるサプリ、糖質や脂質をカットしてくれるサプリ、腸内環境を整えてくれるサプリがあります。また、ダイエット中に不足してしまう栄養素を補給出来るものもあります。
アメリカではダイエットサプリが広く普及していて、ダイエットをするときにはサプリを使うのが当たり前になっています。
こうしたダイエットサプリを上手に使うと、忙しい生活の中でも効率的にダイエットをすることができます。

まずは、食欲を抑えてくれるサプリがどのようなものか、見てみましょう。
食欲を抑えるサプリは、酵母や酵素を使うことで満腹感を高めたり、食物繊維で自然な満腹感を出したりして食欲を抑えます。
人は血糖値が高くなると空腹感を感じるので、血糖値を安定させることによって空腹感を感じにくくするサプリもあります。
食欲抑制成分には、以下のようなものがあります。

  • ギムネマシルベスタ、カフェイン

これらは、脳の中枢神経を刺激邸、食欲を抑制する効果があります。カフェインにはノルアドレナリンという脳内の神経伝達物質に作用することによって人間のストレス間を軽減します。このことで、暴飲暴食を防ぐことができます。ギムネマシルベスタは、血糖値を安定させるので、自然な満腹感を与えて食べ過ぎを防止する効果があります。

  • カプサイシン

カプサイシンは脂肪燃焼効果でも有名ですが、食べ過ぎ防止にも役立ちます。脳内の神経に働きかけて、食欲を抑制します。

  • 酵母菌

酵母菌は、酵素を作り出す成分です。酵母は腸の中で脂質や糖質と結びつきますが、そのときに膨張するので自然に満腹感が得られます。
さらに、酵母には代謝を上げて全身に栄養を届ける働きがあることも、食欲抑制につながります。サボテンの一種のホーディアも、食欲を抑制する効果があるとしてサプリに配合されていることがあります。

脂肪燃焼系サプリとは?

次に、脂肪燃焼系サプリの成分と効果を見てみましょう。
脂肪燃焼系サプリは、効率的に中性脂肪を燃焼させることによって、ダイエット効果を高めてくれます。
よく配合されている成分は、以下のとおりです。

  • ビタミンB群

ビタミンB群は、糖質や脂質の燃焼を助ける働きがありますし、人間が活動するためのエネルギーを生成してくれます。安全性も非常に高いです。

  • コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、脂質を燃焼させてエネルギーに変換する作用があります。美肌効果もあり、アンチエイジング成分としても人気があります。
イワシに最も多く含まれています。

  • L-カルニチン

必須アミノ酸の1種であるL-カルニチンも、脂肪燃焼効果があります。これを摂ると、運動するときに消費する脂肪量を多くすることができるので、代干支効果が高まります。
肉に多く含まれているので、食べ物から摂ろうとするとカロリーオーバーになりがちです。そこで、サプリから摂るのが効果的です。

  • カプサイシン、カフェイン

カプサイシンやカフェインは、脂肪燃焼に必要なホルモンの分泌を促すことにより、身体の代謝を上げて脂肪が燃焼しやすい環境を作ってくれます。

糖質・脂質カットサプリとは?

次に、糖質・脂質カットサプリを見てみましょう。
糖質・脂質カットサプリは、ダイエットの大敵である糖質や脂質の吸収をカットしてくれるサプリです。このことにより、ダイエット中によけいな糖質や脂質を取り込まないで済むので、効果的にダイエットをすることができます。
糖質・脂質カットサプリに含まれている成分は、以下のようなものです。

  • ギムネマシルベスタ、サラシア

ギムネマシルベスタは、古くからハーブとしても使われてきた成分です。血糖値の上昇を抑えて安定させる効果もありますが、腸の中で糖質が吸収されるのを抑制してくれる効果もあります。また、植物成分であるサラシアにも糖質の吸収をカットする効果があります。

  • 酵母菌

酵母菌は腸内で糖と結びついて、アミノ酸やクエン酸に分解する効果があります。このように、糖質が変化することにより、吸収されることがなくなります。

  • カテキン

カテキンはお茶などにたくさん含まれる物質ですが、脂質カット効果が高いです。脂っこい食事が多い中国でお茶をたくさん飲むのは、お茶に糖質カット効果があるからだとも言われています。

  • ガルシニア

東南アジアのハーブであるガルニシアは、体内で脂肪が合成されるのを防止する効果を持っています。

  • キチン・キトサン

海老やカニなどの甲殻類に多く含まれているキチンやキトサンは、動物性食物繊維です。脂質の吸収をカットする効果がありますが、食べ物として執るのが難しい成分です。サプリを使うメリットが大きいと言えます。

  • 難消化デキストリン

難消化デキストリンは、特定保健用食品としても認められていて、糖質や脂質カット効果が高い成分です。
トウモロコシ由来の食物線維の1種で、安全性も高く、血糖値や中性脂肪が上昇するのを穏やかにする作用もあります。

腸内環境を改善してくれるサプリとは?

最後に、腸内環境を改善してくれるサプリを見てみましょう。
肥満になっている人は、便秘体質であることも多いです。
腸の機能が停滞していると、代謝も悪くなりますし、冷え症などになって太りやすい体質になります。
そこで、腸内環境を整えることにより、体質そのものが改善されて、太りにくい身体を作ることができます。
腸内環境サプリを飲むと、腸内に溜まった便を排出しやすくなりますが、単純に便が外に出ただけで数百グラムは体重が減ります。
以下で、腸内環境を改善するサプリの主な成分をご紹介します。

  • 食物繊維

食物繊維は、コレステロールと結合して体外に排出させる効果や、便秘を改善する作用があります。糖尿病やガンを予防する効果があるとも言われています。野菜や果物にたくさん含まれていますが、普段野菜をあまり食べない人などは、積極的にサプリからとると良いです。

  • ケフィア

ケフィアは、血中のコレステロール値を低下させ、血圧の上昇を抑制して、腸の働きを促進する効果があります。もともと牛や羊、山羊の乳を発酵させることによって生成する成分なので、ヨーグルトと似た作用があります。ケフィアヨーグルトなども販売されているので、見たことある方もいるでしょう。

  • ビフィズス菌、乳酸菌

ビフィズス菌や乳酸菌は、腸の中にもともと存在する善玉菌です。加齢やストレスで減ってしまうと、腸内環境が悪化します。そこで、これらを積極的に摂ると、腸内環境が整備されます。

  • 茶葉エキス

ドクダミ茶などのエキスは、便秘を解消する効果があります。

まとめ

以上のように、ダイエットに効果的なサプリには大きく分けて4種類があります。それぞれ働き方が違うので、自分のニーズや生活状況、ダイエット方法に合わせて選ぶことが重要です。
今回の記事を参考にして、上手にダイエットサプリを取り入れて効果的にダイエットを成功させましょう。