DHAやEPAを摂ると中性脂肪が減って血液がさらさらになるなどの効果が期待出来るので、健康を気にする人の多くがこれらのサプリを飲んでいます。
最近では、メタボリックシンドロームなども問題になっていて、ダイエットに関心がある方も多いでしょうけれど、DHAやEPAは、ダイエットにも役立つことは期待出来ないのでしょうか?
今回は、DHAやEPAがダイエットに効果があるのかと、その効果の理由について解説します。

中性脂肪を減らす効果がある?

効果的にダイエットをするなら、脂肪を燃焼させる必要があります。肥満の人は、余分な脂肪が体内に溜まっているからです。
そして、DHAやEPAには体内の脂肪を燃焼させる効果があります。
人間の体内にある脂肪は、その大部分が中性脂肪となっています。これは、余ったエネルギーを貯めておいてくれる成分であり、栄養が足りなくなったときに使用して人間の生命を維持することができるものなので、人間にとって必要な成分です。
しかし、多くなりすぎると肥満になります。
現代人の生活では、カロリーや栄養を摂りやすく食生活も乱れがちなので、どうしても必要以上の栄養を摂りすぎて、体内に余計な中性脂肪が溜まりすぎてしまいます。そうなると、肥満になってしまい、ダイエットが必要になるのです。


このように、肥満の原因は中性脂肪なので、肥満を解消するためには、中性脂肪を減らすことが一番の対処方法になります。
そして、中性脂肪を燃焼させるためには、運動をしなければなりません。運動によって、中性脂肪が燃焼するからです。ただ、効果的に中性脂肪を燃焼させるためには、脂肪分解酵素という成分が必要です。これは、リパーゼとも呼ばれる成分で、中性脂肪を脂肪酸とグリコーゲンに分解する働きをします。

中性脂肪はそのままでは燃焼することができず、エネルギー源として利用するために、まずは分解することが必要なので、ダイエットには脂肪分解酵素が欠かせないのです。
そして、DHAにはリパーゼを活性化させて、効率を上げる効果があります。DHA自体が脂肪を分解するにではなく、リパーゼを働かせる作用ですから、基本的には運動をして中性脂肪を分解する必要がありますが、DHAを摂取していると、効果的にリパーゼが働くので、同じ運動をしても中性脂肪が燃焼しやすくなります。
このように、DHAやEPAには中性脂肪を効果的に燃焼させる効果があるので、医師も「効率的に脂肪を燃焼させるために必要」と推奨しています。
消費者庁が実施した栄養成分の評価においても、中性脂肪減少効果が「A判定」とされています。

参考:DHA・EPAサプリには中性脂肪を下げる効果があるの?

食欲を抑える効果がある?

次に、DHAやEPAが食欲を抑える効果について、見てみましょう。
肥満の人は、もともと食欲が強い人が多いです。食欲が強いと、どうしても食べ過ぎてしまうので肥満になります。また、ダイエット中は、食べたいものを我慢する食事制限をすることも多いので、どうしても欲求不満になって食欲が高まります。
しかし、そこで負けてしまってはダイエットは失敗します。ダイエットでは食欲は大敵です。
ここで、DHAやEPAは食欲を抑える効果があります。これらの成分には、ホルモン物質の1種であるGLP-1と言う成分を分泌させる作用があります。このGLP-1は、人間の満腹中枢を刺激するはたらきをするものなので、これが分泌されると人間は満腹感を感じます。そうなると、それ以上食べたいという食欲がわかなくなるので、食欲が抑えられるのです。


ダイエットをしているとき、自然な感じで食欲を抑えることができたら、とても助かりますしストレスを感じることも減ります。食べ過ぎることもなくなって、ダイエットが成功しやすくなりますし、リバウンドもしにくいです。
そこで、食欲を抑える効果があるDHAやEPAは、ダイエットの強い味方になるのです。

血液のめぐり改善が痩せることにつながる?

次に、DHAやEPAが血液をさらさらにする効果とダイエットの関係を見てみましょう。
DHAやEPAを摂ると、血流が良くなることが知られています。
これは、DHAが血管や赤血球の細胞壁を柔らかくして血の流れをよくする働きをしたり、EPAや血中の血栓を取り除いたりして血液を流れやすくする働きをするからです。
このようなことを聞くと、血流とダイエットに何の関係があるのか?と不思議に思われるかもしれません。
実は、血流とダイエットには、大きな関係があります。
血流の流れが悪くなると、身体の必要な部分に必要な栄養素が行き渡らなくなります。そうなると、身体の各部分の働きが低下して、代謝も悪くなります。
代謝が悪くなると、エネルギー効率が下がるので、エネルギーが消化しにくくなってしまいます。基礎代謝が悪くなると、太りやすい体質になるのは、このことが原因です。
そこで、効果的にダイエットをするためには、エネルギー代謝を上げていくことが必要です。そのために欠かせないのが、全身に栄養を届ける血液の働きです。
血液が全身に巡りやすく、栄養素が手足足先にまで行き届いている人は、基礎代謝が高く太りにくいです。

そこで、こうした体質改善をすると、効果的にダイエットができます.同じ運動をしていても、寝ているだけでも基礎代謝が高い人の方が脂肪燃焼します。
また、このようにして脂肪燃焼しやすい体質を作ると、ダイエットを止めた後もリバウンドしにくいです。
このように、DHAやEPAで血液サラサラ体質を作ることは、ダイエットに効果的です。

参考:DHA・EPAにはドロドロの血液をサラサラにする効果がある?

EPAには特筆すべきダイエット効果がある?

DHAやEPAの中でも、EPAには特別なダイエット効果があるのでしょうか?
EPAは、DHAと似た働きをしますが、DHAよりも血液サラサラ効果が高いです。また、DHAは脳で働きますが、EPAは全身を巡って血流を良くする性質があります。そこで、より直接的に身体の基礎代謝を上げてダイエット効果を上げることができるのは、どちらかというとDHAよりEPAです。
どちらも似た成分なので、「DHAよりもEPAがおすすめ!」というほどの違いはありませんが、どちらかというとEPAの方が効果的だということです。サプリ選びの際に参考にすると良いでしょう。

参考:DHAとEPAの違いは?一緒に摂取すべき?相乗効果があるの?

筋肉を増強させる効果がある!

DHAやEPAには、人間の筋肉を増強させる効果もあります。
ダイエットをするときには、筋肉をつけると良いと言われます。筋肉がつくと、基礎代謝が上がるので、同じ運動をして同じ食事をしていても痩せやすく、ダイエット効果が上がりやすいです。

無理な食事制限をしなくても、筋肉がついていると痩せやすいので、「食べて痩せる」という理想のダイエットができます。しかも、体質から太りにくくなるので、リバウンドのおそれも減ります。
そして、筋肉はタンパク質からできているので、筋肉をつけるためにはタンパク質を合成することが必要です。
ここで、DHAやEPAは、体内のアミノ酸を合成して、タンパク質の生成を促進する作用を持っています。そこで、DHAやEPAを摂ると筋肉がつきやすくなるので、基礎代謝を上げることができてダイエットに役立ちます。

まとめ

以上のように、DHAもEPAも、ダイエットに非常に効果的な成分です。中性脂肪を減少させる効果、血液サラサラ効果によって基礎代謝を上げる効果、筋肉量を増加させる効果などが期待出来ます。DHAやEPAを飲んで体質を改善しながらダイエットをしたら、ダイエット後にリバウンドするおそれも低いです。
ダイエットをしているけれども、どうも効果が上がらない、と悩んでいる場合には、一度DHAやEPAのサプリを試してみることをおすすめします。